出資馬の情報

マンボビート

在厩場所:栗東トレセン 7日にノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:軽め調整
次走予定:未定

橋口慎介調教師「ダートスタートならもう少し行き脚がついて楽に競馬が出来ると思って1800mを試してみたものの、一瞬しか脚が使えなかったということは距離が長かったのかもしれません。芝スタートの不安が残りますが、これから力を付けながらレース経験を積んでいけば少しでも流れに乗って行けるようになってくるでしょうから、成長を促しながら良化を図っていきたいと考えています。7日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきます」


ラストインパクト

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 6日にCWコースで追い切り
次走予定:京都10月10日 京都大賞典(GⅡ)・芝2400m[川田将雅]

助手「6日にCWコースで追い切りました。宝塚記念の時は調教を進めていくにつれて体がグッと絞れて仕上がりの早い馬だなと思っていました。大体この馬のことはわかったつもりで今回も同じように調整していたのですが、こちらの環境に慣れたこともあって、飼い葉をしっかり食べて、絞るのに苦労しているぐらいです。本当なら先週もびっしりやっておきたかったところでしたが、中間の雨の影響で馬場がかなり悪かったこともありましたし、少し前向きさが表に出てきた為に攻め切ることが出来ませんでした。そのあたりがどう出るか心配していましたが、道中の手応え・終いの反応を見る限り心配なさそうですね。爪の状態もエクイロックスで装蹄している分には全く問題ありませんでしたので、レース前にもう一度装蹄師に状態を確認してもらって普通の装蹄に戻すか相談したいと思います」

川田騎手「松田博厩舎の追い切りとは違い、角居厩舎では前に馬をつけて行う為に、2コーナー手前からハミをガツンと噛んで終始抑えるのに必死でした。4コーナーあたりでは前の馬に乗っかかるぐらいの勢いでしたから、一旦内に距離を取って徐々に併せる形で行いました。最後まで手応えが良かったですし、息遣いもしっかり出来ていたのでいい状態でレースに向かえそうです。今のところレース当日は天候が持ちそうですが、土・日は少し雨が降りそうなので、出来るだけパンパンの馬場で競馬をさせてあげたいですね。休養明け初戦でもいい競馬ができるように頑張りたいと思います」

ビートは成長をインパクトは今回のメンバーでも勝ち負けを!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック